スーパーシンチレーター

C3yoyodesignSKU: c3-superscintillator-pink_silverrim_yellowwing
DNAクーポン対象外

Color: ピンク / シルバーリム / イエローウイング
価格:
販売価格¥19,900

お支払い方法について

銀行振込 / クレジット
代金引換 / コンビニ払い
店頭払い / PayPal / Paidy (あと払い)

配送について

全国どこでも送料 600 円
8000 円以上
お買い上げで送料無料
平日10時まで
のご注文(ご入金)は当日出荷
一部地域を除き、本州は最短翌日おとどけ

お支払い、発送について詳しくはこちら

その他気になることはこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください

すべてのヨーヨーはメーカーの検品を通過したものです。メーカーによって製品品質の基準は様々です。基本的に通常使用が可能なものは製品仕様です。

初期不良の可能性があるものの例
開封後はじめから以下の症状が出ている場合は初期不良の可能性があります。

  • (バインドモデルのみ)ベアリングが指で弾いてもほとんど回らない。
  • 回転中指で振動を鎮めた後でも、ヨーヨーの形が変わって見えるほど振動している。
  • 装着されているはずのパーツ(ベアリング・パッド)が装着されていない

初期不良にあたらないものの例

  • パッケージのダメージ
  • カラーのイメージ違い
  • 数度でもプレイした後に起こったベアリングの異音
  • 正常に組み立てられていた状態で届いたヨーヨーの、分解後組み立てられなくなったもの
  • ベアリングエリアの内側の傷、塗装の欠け
  • 遠目にわからない程度のヨーヨーの色ムラ
  • 遠目にわからない程度の塗装の欠け
  • 遠目にわからない程度、かつ指で触ってもほとんどわからない程度のヨーヨーの傷


その他競技ヨーヨーについてはこちらをごらんください。

また、ヨーヨーについて困ったことはQ&Aをご確認ください。

説明

c3yoyodesign - Super Scintillator
規格外の超々ワイドなマルチマテリアルヨーヨー

直径も幅も58mm。これまでのC3ヨーヨーデザインのモデルで、オフストリングを除き最も幅が広い、規格外の超々ワイドなマルチマテリアルヨーヨーです。名前の通りベースとなっているヨーヨーは『シンチレーター』ですが、直径が56mmで幅が49mmであったのに対し、なんと直径も幅も58mmになるという大胆なサイズ変更が行われました。

使用している素材は、同じマルチマテリアルヨーヨーである『トライオンクラッシュ』と同じ三種類です。しかしA6061アルミ合金ボディは同じであるものの、ステンレスリムの配置がインナーではなくアウター寄りのミッドシップになり、最外周部は軽量で丈夫なポリカーボネートが占めるというデザインに変更されています。これにより、幅広の弱点を補い、余りあるパワーとスリープの伸びを手にしただけでなく、大きいのに手触りが優しいというメリットも持ち合わせています。

ここまで幅が大きくなると、一部のストリングトリックでは「乗せたくないストリングに乗ってしまう」というデメリットが生まれそうですが、そんなことはお構いなし。「なんでもいい。乗ればいい」使うほど、作り手からのそんなメッセージをひしひしと感じること間違いなしです。レール系やホップ系、それらを主体としたホリゾンタルトリックなどで特に力を発揮します。スピードが出て多少コントロールが雑になっても乗り、いつもより遠くまで跳ね上げても乗る。これほどまでに得意なジャンルが明確だと、使用者のスタイルや趣向を一変させる可能性すらあります。

『シンチレーター』ゆずりのフィンガースピンスポットも健在で、乗せやすさはそのままです。なおかつ幅の広さのおかげで、指の上に乗せながらふわっとストリングをたるませるラセレーション・バインドなど、難度の高いバインドの成功率もサポートします。あらゆるトリックに挑戦する楽しさを思い出させてくれるヨーヨーに仕上がっています。

メーカーコメント

信じられないほどの視覚的インパクト!最も広く、最大で、最も革新的なトリプルマテリアル競技用ヨーヨーが登場しました。

「Super Scintilliator」は、幅58.2mm、直径58mmの超広Hシェイプデザインで、重量はわずか65gです!6061ボディ、中空ステンレススチールのアウターリング、そしてPCリングを採用し、「Scintillator」形状を基に、C3yoyodesignの15年間の設計ノウハウを結集しています。これはC3のメディアマネージャーであるSimpson Wong Wai Sheukによる2つ目のシグネチャーヨーヨーであり、Trion Crashに続くC3からの2つ目のトリプルマテリアルヨーヨーです。

サイズ、重量、形状:

  • 58.2mm x 58mmの幅広高直径により、動きの大きなトリックや驚異的なストリングスペースを提供します。

  • 「Scintillator」のHシェイプを保持しながら側面の角度を調整し、重量はわずか約65gで、大径や幅広が重いという固定観念を打ち破ります。軽量設計と中空ステンレススチールアウターリングにより、より速い動きが可能です。

  • Hプロファイルにわずかにマットな表面処理が施されており、長時間のグラインドが可能。

  • フィンガースピンハブ搭載。DNAにも高い適正。

中空ステンレススチールアウターリング:

  • ほぼ8mmの中空多面ステンレススチールアウターリムは、高いパワーと非常に長いスピン時間を提供し、全体重量を65gに保つ鍵となっています。

PCアウターリング:

  • 視認性の高いPCアウターリングにより、照明条件にかかわらず、ユーザーや観客がすべての動きをはっきりと見ることができます。

  • デザインの形成に加え、PCアウターリングは安全機能としても役立ち、競技中の衝撃からユーザーの手、頭、その他の体の部分を保護します。

  • 内径にはサムグラインドエリアがあり、フィーリングと浮遊感を調整し、動きを速くしすぎないようにします。

フィーリングとパフォーマンス:

  • Super Scintillatorは、他のメタルヨーヨーとは異なる独特のフィーリングを持っています。これは単なる幅の広いヨーヨーではありません。

  • 今までにないグリップ感を提供します。非凡なデザインにもかかわらず、印象よりも軽く感じられ、トリック中にステンレススチールアウターリングに運ばれるような感覚があります。

  • 超幅広Hシェイプと重量配分により、ストリングがベアリングにしっかりと乗ります。ホリゾンタルおよびナナメの状態でのトリックを非常に長い時間維持できます。

ロゴデザイン: スタイリッシュなロゴは、グラフィックデザイナーDoroによってデザインされ、フロントとバックにレーザー刻印されて高い視認性と仕上がりを誇ります。

カラー: 2つのカラーバリエーションがあり、それぞれ異なるスタイルを持ち、異なる好みに応じています。ステンレススチールアウターリングの色の違いにより、2つの間で明確なフィーリングと重量の違いがあります:

蛍光イエローのPCアウターリング / ステンレススチールシルバーアウターリング / サクラピンクアルミボディ / バランスの取れたフィーリング

蛍光イエローのPCアウターリング / ステンレススチールパープルアウターリング / ブラックパープルグリーンアルミボディ /  アウターリングのフィーリングに傾く

「Super Scintillator」は、C3のすべてのプロフェッショナルヨーヨー製品の中で最も複雑なトリプルマテリアルデザインです。それはシグネチャーオーナーであるSimpsonとデザイナーRonの長年の経験を結集したものであり、C3の画期的なデザインをぜひ体験してみてください!

Simpsonからのコメント:

2009年にC3の最初のメタルヨーヨー「カプセル」が誕生したとき、いくつかのヨーヨーの設計図も作成しました。しかし当時は技術的、生産的、財政的な制約のため、すべてを一度に作成することはできませんでした。

時が経つにつれて、プロトタイプが登場しました。Darkstar(Ronのアイデア)、Winning Bird(Walterのアイデア)、H5(Simpsonのアイデア)、およびMaster Galaxy(Simpsonのアイデア)です。これらの4つのヨーヨーは、その時代の主流と非主流のデザインを表していました - 大きな重量配分、超大型サイズ、超狭縁エリア、および超幅広です。キャラクター「Master Galaxy」は、Super Scintillatorの物語の出発点でした。

Master GalaxyはWinning Birdをベースにしていましたが、その幅は41.37mmから52.86mmに大幅に拡張されました。直径は1:1の比率には達しませんでしたが(Winning Bird 52.39mm対Master Galaxy 55.58mm)、それでも当時は狂気のアイデアと考えられていました。超幅広ヨーヨーを安定させ、量産するのは非常に難しかったのです。目標は、超幅広を通じて精度を向上させることで、これがMaster Galaxyシリーズ全体につながりました。ReMasterGalaxy(2017)、Neo Master Galaxy(2021)、Galaxy Diver(2020)、およびGalaxy Dinosaur(2022)を含みます。また、Teleport(2014)、IX(2019)、Pory Crash(2020)、Windoundary(2021)、Stellar IX(2022)、Ghost IX(2024)、予想外の4AヨーヨーSubmarine(2021)など、他にもいくつかの超幅広ヨーヨーがありました。

上記のほとんどのヨーヨーには共通点があります - 私がこれまでに競技で使用してきたことです!

2023年に私は自分の長年の設計哲学と競技のニーズを組み合わせて、自分のスタイルに合ったモノメタルヨーヨーを設計しましたが、競技者以外にも使いやすいモデルを考えました。これが私のヨーヨーキャリアの最初のシグネチャーモデルである「Scintillator」です。そして「Super Scintillator」のコンセプトは、最初のScintillatorプロトタイプを受け取った後、徐々に頭に浮かんできました。

Scintillatorを使い始めたとき、私は思いました:Scintillatorは本当に便利だ!競技やビデオ撮影での技の成功率が大幅に向上し、SNSでのフィンガースピンDNAのプロモーションにも役立ちます - これは本当に多用途なヨーヨーです!しかし、40歳に近い選手として若い選手たちと競い合いたいと思っていましたが、まだ何かが欠けているように感じました... ああ!分かりました!それは幅が足りない!そしてバイメタルではありません!

JN2023の後、私はRonとさまざまな可能性についてすぐに話し合い、最終的にいくつかの重要な設計要素をまとめました:

  1. 形状はScintillatorに近く、フィンガースピンに適した機能を持ちつつ、競技性能を損なわないこと。

  2. メタルヨーヨーカテゴリーでこれまでで最も広いストリングスペースを持つこと!

  3. バイメタル?それは簡単すぎる。3つの素材を使用するデザインに挑戦し、それらは機能的な3つの素材でなければなりません!6061 + 複雑な大径中空ステンレススチールリム、そして手と頭を保護し、ステージでの視認性を高めるためのPCアウターリム、さらにサムグラインドエリアを追加して、より多くの技術を生み出し、浮遊感を微妙に強化します。

  4. 超幅広ヨーヨーは通常重いと考えられているため、今作は軽くすることで、選手が長時間使用しても疲れないようにすること。

最初のプロトタイプ(パープル):幅57mm x 直径57.2mm、重量65.63g 初日にテストしたときの感想: 通常非常に難しいと感じるトリックが今では超簡単に感じる。しかし、しばらくすると問題が発生し始めました - スピン時間が不足している、フィーリングが重すぎる、動きが遅すぎる、浮遊感が強すぎるためスピードプレイに適していない。問題はメタルリムの重量配分にあり、形状が保守的すぎるので、もっと大胆にできると感じました。

2番目のプロトタイプ(グリーン):幅58.21 x 直径58mm、重量64.77g H型の外観デザインがより強調されており、目的は重量を減らしながら重量をステンレススチールリムに移すことです。中空ステンレススチールリム内の重量配分を再調整し、PCの高さとサムグラインドエリアを修正しました。結果は良好ですが、さらに良くなる可能性があります。重量は軽くなり、動きの速度は速くなりましたが、スピン時間とパワーは初期バージョンよりもかなり悪化しました。H型の変更により、トリックの命中率が向上し、グラインドトリックの感触がよりスムーズで安定しました。このため、次のサンプルを作成する参考にしました。

3番目のプロトタイプ(サクラ):幅58.2mm x 直径58mm、重量65.2g 2番目のバージョンと同じサイズを維持し、中空ステンレススチールリムが最初の2バージョンからの内部設計を吸収して重量を再配分しました。サムグラインドエリアを修正して過剰な浮遊感を改善し、サムグラインドのパフォーマンスを強化しました。表面仕上げをテストし、フィンガースピンエリアに研磨処理を施しました。これにより、中央の重量コントロール感が改善されましたが、フィンガースピンのパフォーマンスは理想的ではありませんでした。これは光沢のあるハブの研磨処理が原因で、中心指の皮膚が内面に擦れてスピンが減少したためです。しかし、このバージョンではついに求めていたパフォーマンスに近づきました!最終バージョンは現在、ほぼ99%完成しています!

最終バージョンは3番目のプロトタイプからわずかに異なり、微調整が行われ、6061アルミニウム部分全体がマット仕上げを受けました。非常に微妙ですが、重量とフィーリングの調整において望ましい効果を達成しました。

3つの素材はそれぞれ独自の役割を果たします: 6061ボディ:素材特性により、軽く迅速なフィーリングが得られます。非常に薄いにもかかわらず、衝撃時の変形を防ぐ一定の厚みを持っています。

中空ステンレススチールリム:見えないリング内の重量配分を調整し、爆発的なパワーを最大化しながら水平トリックの角度を維持する最適な位置を見つけました。

PCリム:サムグラインドエリアを可能にするだけでなく、特殊なデザインがトリックのトラック上での軌道安定性を維持するのに役立ちます。また、加速中に速度を失わないように制御することができ、空中操作を必要とするトリックのためにより良いコントロールを提供する一定の浮遊性を持っています。

PCリムの最も重要な側面はプレイヤーの体を保護することです。Super Scintillatorの前には、私の眼鏡はすでに多くの傷を負っていました(ハハ)。しかし、新しいシグネチャーヨーヨーがあれば、より安心して長時間の練習ができます!

私はトップのヨーヨープレイヤーでもトリッククリエイターでもありませんが、Super Scintillatorの開発は1年以上にわたる設計とサンプルテストを経て、C3の15年間で200以上のヨーヨープロダクトを設計した経験に基づいています。

私はヨーヨーを26年間プレイしていますが、それでも若いプレイヤーと競い合いたいと思っています。私の2つ目のシグネチャーヨーヨー「Super Scintillator」を心からお勧めします!

この超長い紹介文を読んでいただきありがとうございます!今後もフィードバックをお寄せください!皆さんを愛しています!

Simpson Wongより

スペック

ブランドC3yoyodesign
シグネイチャーSimpson Wong
スタイルストリングトリック(1A, 3A, 5A)
ブランド国香港
発売年2024
重さ (g)65.0
直径 (mm)58.02
本体幅 (mm)58.2
トラピーズ有効幅 (mm)54
ボディ形状Hプロファイル
ボディ素材アルミ合金 (A6061)
リム種類・素材ステンレス / PC
ベアリング・軸の種類曲面加工ベアリング
ベアリングサイズサイズC (大径サイズ)
レスポンスシステム(サイズ)スリムサイズ
アクセル(軸)M4 x 8mm
分解可能
スペーサーなし
バインドバインド必須
表面加工サラサラ加工
メンテナンスパッド / ステッカー / Oリング交換

→スペック表の見方はこちら

ストリングトリック用おすすめアイテム

ストリングC3 プロストリング (ファット) x100
ベアリング曲面加工ベアリングサイズC
パッドREWIND Japanパッド
メンテナンスダークマターリューブ

購入者によく見られている商品

最近チェックした商品