フリーハンド (旧型)

ダンカンSKU: duncan-freehand_old

(1)
価格:
販売価格¥2,190
【発送日】
土・日は出荷お休み→月曜発送

お支払い方法について

銀行振込 / クレジット
代金引換 / コンビニ払い
店頭払い / PayPal / Paidy (あと払い)

配送について

全国どこでも送料 550 円
8000 円以上
お買い上げで送料無料
平日10時まで
のご注文(ご入金)は当日出荷
一部地域を除き、本州は最短翌日おとどけ

お支払い、発送について詳しくはこちら

その他気になることはこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください

説明

Duncan - Freehand (Old)
初心者におすすめのフリーハンドがグレードアップ!なんと標準でレセス仕様、開けてすぐに最高のスベリを実現。

2001年、ストリングトリック向け機種の革命とも言えるヨーヨー「フリーハンド」発売。当時の「フリーハンド」と言えば今で言う「カウンターウェイトスタイル」のことで、そのスタイル名をそのままヨーヨーの名前にし、カウンターウェイト用のダイスを同梱して発売した、まさにカウンターウェイト向け機種でした。その使いやすいさから1A用としても大人気で世界中で大ヒット。しかしメーカーの金型破損で生産がストップしてしまいます。その代替品として新たに開発・発売されたのが新しい「フリーハンド」でした。通称「フリーハンド2」と呼ばれ、形状も丸みのあるものになりました。
現在のラインナップでは「フリーハンド」はこちらの商品のことで、この「フリーハンド」が発売されたさらに後、元祖フリーハンドの形状で復刻されたのが「FHゼロ」です。現在の「フリーハンド」は何度かのマイナーチェンジを重ね、カラーリングも一新、かなり使いやすくなっています。「初期状態はフリクションステッカーが引っかかりすぎて戻りが強すぎる」という今までの欠点を克服しているので、パッケージを開けてすぐに使うことができます。

大きめの丸いボディは基本トリックから複雑なストリングトリックまでなんなくこなせるので、これからヨーヨーを初めたい方から、ハイパーヨーヨー経験者の方に最適です。両面ともレセス仕様(レスポンス=フリクションステッカーがボディに埋まっている仕様)になっているため「スベリ」がとても良く、とくにブレインツイスターやアトミックファイヤー(現バレルロール)でつまずいていた方にオススメしたい機種です。

元々カウンターウェイト(=フリーハンドスタイル)用だったヨーヨーなので、カウンターウェイトをすぐに始めたい人のために専用ウェイトも付属しています。リム部分が丸いおかげでキャッチし損ねてもほかの形状のものより痛くなりにくいので、これからカウンターウェイトを始めたいという方にもイチオシです。
ユニークなさまざまな柄の厚紙のキャップは、吸盤で取り外すことによりカンタンに交換できます。また、厚紙を同じサイズに丸く切り取り、オリジナルキャップを作るのもカンタン。自分だけのオリジナルヨーヨーを作るのも、ヨーヨーの楽しみのひとつです。

■付属品
・トリックCD-ROM1枚
・キャラクターダイス1個
・交換用ストリング1本
・ナローギャップスペーサー2個
(ギャップが狭くなるスペーサー)

※キャラクターダイス(ウェイト)の種類はランダムです。

~~~
リワインド・リコメンド 2013/5/20 シンヤのオススメ

万能といえばコレ!しかも最初からレセス状態(パッドがボディと平坦・もしくは凹んでいる状態)になっているので、昔のフリーハンドしかしらない人に是非進化した性能を味わって欲しいです。
引き戻しで、脱脂するだけでバインド必須になり、5A用のウェイトも付属。
頑丈さも相まって3Aにも対応するという、実は相当使い勝手の良いヨーヨーなんです。

~~~

スペック

ブランド ダンカン
シリーズ ダンカン ハードコアシリーズ
シグネイチャー -
スタイル ストリングトリック(1A, 3A, 5A)
対象年齢 12歳以上
ブランド国 アメリカ
発売年 2010
重さ (g) 66.4
直径 (mm) 58.0
本体幅 (mm) 39.16
トラピーズ有効幅 (mm) 27
ボディ形状 ラウンド
ボディ素材 プラスチック(ポリカボ/ABSほか)
リム種類・素材 なし
ベアリング・軸の種類 ボールベアリング
ベアリングサイズ サイズA (ダンカン)
レスポンスシステム(サイズ) ダンカン フリクションステッカー
アクセル(軸) -
分解 可能
スペーサー 内径支えタイプ
バインド 通常引き戻し
表面加工 サラサラ加工なし
メンテナンス パッド / ステッカー / Oリング交換

→スペック表の見方はこちら

ストリングトリック用おすすめアイテム

ストリングバインドストリングスリム x100
メンテナンスダークマターリューブ
商品レビュー
名前を入力して下さい
タイトルを入力して下さい
本文を入力して下さい 本文が短すぎます 本文が長すぎます。4000文字以内で入力して下さい
» 画像/動画をアップロードする
* 必須入力。HTMLタグは削除されます。
レビューを送信していただきありがとうございました。
レビューの送信中に問題が発生しました。しばらく経ってから再度お試しください。
1件のレビュー
  •  
    100.0%
    (1)
  •  
    0.0%
    (0)
  •  
    0.0%
    (0)
  •  
    0.0%
    (0)
  •  
    0.0%
    (0)
  • かわいくて、たよりになる
    ベストレビュー
    2014年6月11日 16:59

    フリーハンド2から始まった新しいラインのフリーハンドが
    マイナーチェンジを繰り返した末にたどり着いた最新型です。

    これまでのフリーハンドシリーズと異なる点は以下の通り。
    (フリーハンド3から採用された点もあります)

    ・スペーサー交換によるギャップ調整
    ・ボディ素材の変更
    ・重量増加、ラバーリングウエイト廃止(装着用の内部構造はそのまま)
    ・レスポンスにレセスを採用

    ギャップ調整機能、素材変更、重量の見直し、ラバーウエイトの廃止によって
    本体の剛性向上とブレの軽減が図られよりしっかりと回るプラスチックヨーヨーへ進化しました。

    振った感覚も、以前のモデルにあった「ふんわり感」が消え、
    直感的なスローとムーブが可能になっています。
    最大ギャップにしても投げ出し角が極端に偏らないバランスは素晴らしいの一言。

    サイズAの欠点とされがちな「すべりの悪さ」もレセス機構により解消されています。
    ステッカーをシリコンステッカーに変更するとさらに現代的なバインド感覚が得られます。

    有効幅は本体幅に対して7割ほど。
    「見た目よりも狭い」といった印象です。

    幅の広いヨーヨーが多い現在においてこの有効幅率はデメリットととられがちですが、
    私は逆に「体格の割りに細かいところに入れやすい」メリットがあると考えています。

    実際ストリングの間を通すようなトリックが行いやすいと思います。
    有効幅の外側が丸く成型されているため、隙間を通す際にヨーヨーと
    ストリングが触れてしまっても大きな抵抗無くそのまま通り抜けてくれるのが嬉しい。

    カウンターウエイトを行う際の「握りやすさ」も魅力のひとつです。
    カウンターウエイト初心者の内は投げ出しとキャッチがなかなか上手くいかないものですが
    フリーハンドはそのどちらも他のヨーヨーよりやりやすいように思います。

    価格帯が上のヨーヨーと比べたら性能的に劣る面も多くありますが
    ダンカンプラとして、サイズA搭載ヨーヨーとして、とても良いヨーヨーだと思います。
    1A、3A、5A・・・どのスタイルの入門機としてもオススメです。

    最後に私のセッティングをご紹介します。ご参考まで。
    スペーサー:最大ギャップ用
    ベアリング:センタートラックベアリング
    レスポンス:片面シリコンステッカー、片面ステッカーなし
    ストリング:Kittyストリングスリム

    0人のお客様が「参考になった」とおっしゃっています

購入者によく見られている商品

最近チェックした商品